ミケランジェロ作 システィナ礼拝堂の天井画「創世記」から、アダムの創造(アダムと神のセット)大理石風彫像-置物


システィーナ礼拝堂天井画(システィーナれいはいどうてんじょうが)
バチカン市国のバチカン宮殿内に建てられたシスティーナ礼拝堂の天井に、ミケランジェロ・ブオナローティによって描かれた絵画作品である。盛期ルネサンスを代表する芸術作品の一つであるこの天井画は、
1508年から1512年にかけて制作された。
天井の装飾の中心をなすのは、『創世記』に取材した9つの場面であり、中でも『アダムの創造』が著名である。
父なる神の指とアダムの指とが触れ合おうとする場面は、レオナルド・ダ・ヴィンチの『モナ・リザ』と並んでよく知られた画像であり、数限りない複製や模写が作られてきた。